内向型

どこまでできる?1人で行動できる事とできない事の境界線について

 

僕は人付き合いがあまり良くないので普段はほとんど1人で行動しています。

 

高1くらいの時、昼休みに1人で松屋に牛丼を食べに行った友人に対して、

「それは流石にないわー」とか言っていましたが、今思えば全然普通やん!と思います。

 

最近は一人カラオケをはじめ、一人焼肉などおひとり様に優しい世の中になってきています。

 

今回はおひとり様界を代表して僕がどの程度の事までは1人で行動できて、どのラインだと厳しいのかについてまとめてみました。なお以下に記述してある1人で行動できる事一覧は実際に経験した事がなくても、メンタル的にいけそうなものも含めています。

 

 

1人で行動できる事

  • ひとりカフェ
  • ひとり焼肉専門店で焼肉
  • ひとり猫カフェ
  • ひとり映画
  • ひとりカラオケ
  • ひとりファーストフード店
  • ひとりファミレス
  • ひとりチェーンの牛丼屋
  • ひとり回転ずし
  • ひとりショッピング
  • ひとりペットショップ
  • ひとり温泉
  • ひとり読経会
  • ひとり野球観戦
  • ひとりライブ
  • ひとり日帰り旅行
  • ひとり海外旅行
  • ひとりディズニー
  • ひとり登山
  • ひとり釣り
  • ひとりサイクリング

 

1人で行動できない(きびしい)事

  • ひとりメイドカフェ
  • ひとり焼肉専門店ではない焼肉屋
  • ひとり家族経営の小規模な飲食店
  • ひとり食べ放題
  • ひとりバンジージャンプ
  • ひとりスキューバーダイビング
  • ひとりバスツアー
  • ひとりプリクラ
  • ひとりROUND1
  • ひとり卓球・野球
  • ひとり一見さん御断りの店
  • ひとりデート
  • ひとり無人島生活

 

 

意外とひとりでできることのほうが多い…?

一通り挙げてみて気付いた事は、1人できない事よりもできる事の方が圧倒的に多いという事です。1人で行動できない事として挙がったスポーツデートはルール上、人数の制約があるため1人で出来ないのは仕方ないですが、それ以外は自分が気にしなければ1人でできるので世の中のだいたいのことは1人できるのだと実感しました。

 

僕自身とくに人見知りとかでは無いのですが、人といると疲れてしまうので人付き合いを制限しているうちに今の生活に行き着きました。

 

常に誰かと一緒じゃなきゃ行動できないというような人がいる一方で、僕のような常に1人で行動している人が増えてきているのも、SNSの普及による集団の多極化が原因の一つではないでしょうか。

まぁ何はともあれ、やはり中庸が一番だと思います。ほどほどに人とも付き合い、1人の時間を持つことが大事です。なので僕も一緒にメイドカフェに行けるくらいの友だちを作れるように頑張ります。

 

 

なぜ苦手なのかを考えてみる

ひとりでできること、できないことを挙げてみることで、自分の本質が見えてくる気がします。

「なぜこの行動をひとりではできないのか?」

このように深く考えてみると、だいたい共通する項目が出てくるはずです。

 

僕の場合は、

  • 人の目が気になる
  • コミュニケーションをとるのがめんどくさい
  • 人付き合いが苦手

これらの理由が主ですね。

 

というか、多くの人がこの理由に当てはまるのではないでしょうか?

 

さらに深堀して、

  • 人の目が気になるのはなぜか?
  • コミュニケーションをとるのがめんどくさいのはなぜか?
  • 人付き合いが苦手なのはなぜか?

ここまで深く考えてみてください。

自分が本当に大切にしている価値観が見えてきますよ。

 

 

ひとりで行動できる範囲を広げてみよう!

ひとりで行動できることが増えると、自分の自信にもつながります。

もちろん、できる範囲で構いません。

「自分がひとりで行動できない理由」について考えてみて、「これなら克服できそう!」と思えることが大切です。

ぜひ、ひとり時間を楽しんでくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
電脳ヨーグルト

電脳ヨーグルト

エンジニア男子大学生。飲むヨーグルトが好きです。人とのコミュニケーションが苦手な僕のアルバイトの体験談などを語っています。おすすめのプログラミングスクールの記事も自信作なので、ぜひ読んでもらいたいです。

-内向型

Copyright© コミュ障の働き方&学び方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.